So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ

LINN KATAN - アクティブ化完了 [オーディオ]

念願のKATANアクティブ化が完了した。
サウンドクリエイトの花木さんの作業のため、シェルフから一旦LINN以外のモノを撤去しておいた。普段からこんな感じだとすっきりするね。

まず2つのアンプそれぞれにアクティブモジュールを取り付ける。LK-85は高域用、LK-140は低域用としてはたらく。
LKはLPサイズの筐体で小さめのピザボックスといったところなのだが、筐体の開け方もSunワークステーションのピザボックスタイプそのもの。基盤だけ見るとアンプなのかコンピュータなのかという感じ。
納品された中古のLK-140は新品と変わらない見た目でちょっと嬉しい。

次にLK-85だけに繋がっていたBi-Wireのスピーカーケーブルを2つのアンプに接続するため、二股部分の長さを稼ぐ必要がありカッターでケーブルの真ん中を引き裂いていく。
最後にスピーカー内のネットワークをキャンセルしアクティブ駆動するようLINNならではのスピーカープレートをアクティブ用にさし替える。
作業はこれだけ。簡単だ。

早速聴いてみると個々の音がより分離され、音量を絞ってもはっきりしたままだ。今までLK-85だけで鳴らしていた時はパワーユニットが懸命にがんばっていたんだなという感じで、アクティブではその点余裕があり不思議と静かな感じだ。
実際これまで聴いてきたレコード毎の設定音量では少し大きめな感じで、同質のバランスにするには幾分音量を抑える必要がある。小さな音量でも十分楽しめるというところがいいですね。

プレーヤーの下の3番目の黒い箱(一番下にわずかに見えるのはアース)が今回追加のLK-140だ。
こうやって並ぶとカッコいいなぁ。

良いレコードを探して楽しんでいきたいと思います。
生きてる間にいい音を聴いておかないとね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

LINN KATAN - アクティブ化 [オーディオ]

オーディオへの投資優先度が上がらないため、アナログシステム購入時の状態ままであった我が家のオーディオだが、このたび念願のアクティブ駆動に踏み切った。
今回購入のものはいずれも中古のアンプと帯域デバイダ。我が家のオーディオはピュアオーディオの世界では安価な部類に入るのだが、期待せずにはいられず今週末の納品が待ち遠しい。

一つのパワーアンプで増幅した信号を左右のスピーカ内のネットワークにより帯域分割するパッシブ駆動に対し、アクティブ駆動とは左右のスピーカのユニット分(ウチの場合2Wayなので2つ)のパワーアンプを使い、ライン入力の段階で帯域分割した後パワーユニットへ入力し、帯域ごとに増幅した信号をスピーカユニットに直接送るというもの。信号損失が少なく電気的な問題の多くを解決できるものなのだが、一般的にシステム構築が難しいらしい。
我が家のシステムであるLINNはアクティブ駆動へのアップグレードが容易なため、購入当時から「いつかは」と思っていたのだが、金銭的優先度により今回までお預けとなっていた。

お世話になっているサウンドクリエイトに相談したところ、現在使用中のLK-85パワーアンプの140W版であるLK-140の後期型の中古とアクティブモジュール(帯域デバイダ)が丁度在庫にあるとのことでお願いしました。

今週末の納品前にリファレンスのレコードをいくつか聴いておき、その違いを堪能したいと思います。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

LinnのAudio [オーディオ]

大事に取っておいたレコードをどうしようか(古いオーディオ装置はあるけど)と思っていたところ、知り合いから薦められ数年前に購入した。

①Analog Player LP12/Trampolin/Valhara/Akito/K18II
②Pre Amp KOREKTOR
③Power Amp LK85
④Speakers KATAN




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
オーディオ ブログトップ