So-net無料ブログ作成

ギターアンプ入れ替え [ギター]

15年来使っているヒュース&ケトナーのチューブアンプ、EditionTube。
見た目もカッコイイんだけど、手前にアンプモデリングエフェクターを挿して使っているのでチューブを活かせていないのと、ちょっと気になったアンプがあって売ることにしました。

IMG_2865.jpg

代わりに手に入れたのが、Line6のAMPLIFi75。
近くで見ると『プラッチック感丸出し』なんだけど、デザインセンスがよろしくて違和感なくなじみます。
リビングルームにも置けるようなデザインを目指したのでしょう。

IMG_2877.jpg

PODFarmPremium相当のアンプ/エフェクターモデリングが内蔵されていて、スマホアプリからBluetoothでコントロールするというもの。
8インチスピーカーと、左右に中域と高域のスピーカーが配置される5ウェイ構成。8インチはギターのドライ用で、左右のスピーカーはステレオディレイなどのエフェクト出力と、外部音源を鳴らせるBluetoothスピーカーとして使われます。8インチはギター未使用時にはサブウーファーとして鳴るそう。
音源を鳴らしてセッションできるのは想像以上に楽しくて、同じスピーカーで音が出るだけでこんな感じになるとは思いませんでした。

IMG_2878.jpg

これがiPhoneアプリ。
Line6はDumbleのアンプモデリングがあるのと、空間系エフェクターが気に入ってます。
アンプモデルは好みが分かれるところですが、MarshallJTM45、BuddaTwinmaster、DeluxeReverb、MatchlessChieftainが気持ちいいです。Line6オリジナルのモデルも良いのがあります。
あと、Variaxのアコースティック用アンプがあって、これで12弦鳴らすと『天国への階段』なんかそっくりで笑えます。
デジタルだらけに抵抗のある人もいるでしょうけど、手軽に色々試せるのも良さのひとつ。
ギターに触ろうかなと思い、弾く時間が増えたのは間違いないです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0