So-net無料ブログ作成

iRig Nano Amp [ギター]

これははっきり言って、衝動買いだ。
だが、結果オーライだった。

IMG_2854.jpg

初代iRigを持っていたがなかなか使う機会が無くて、これに買い換えようかと思っていたのだが、使うシーンは別なんだなと気付いた。
iRigは近々アップする記事でも書くけど、Variaxのモバイル化(旅先での暇つぶし)のため、ギター自体にスマホごと固定する構成で使用する。
一方、NanoAmpはiRig2の入力品質を持つモバイルアンプで、Variax以外のギターでの使用も想定しているというところか。
スタック回路の鳴り具合も悪くないが、キャブ直結を練習スタジオで試したいものだ。

iRigでのiOSアンプシミュはAmplitudeになるわけだが、試しにLine6のMobilePODFreeと繋げてみるとなんの問題も無く鳴るではないですか。ちょっと感動。
宅録ツールもIKよりLine6派なので、Fenderアンプコレクションとかアプリ内課金しちゃったけど、MobilePODでの使用に切り替えました。
Line6はアンプモデリングもだけど、空間系エフェクターがいいんだよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0